1. Home
  2. 晃英館の教育
  3. 中高一貫教育

中高一貫教育

「進学型中高一貫校」だからこそできる計画的教育

主要教科の時間数が大幅に多い私立中学

 平成24年度から中学校では新しい学習指導要領が完全実施されました。「ゆとり教育」の反省から、授業時間数が全体的に増えるとともに、各教科の内容もこれまでより増え、詳しくなりました。
 しかし、ほとんどの私立の進学校は、「ゆとり教育」の時代においても、主要教科の授業数も学習内容も、削減しませんでした。そして、その差はそのまま公私の学力の差となって現れました。今回の改訂によって、公立中学校の授業時間数が増えるとはいえ、依然として1000時間前後、私立中学の方が多いのです。学習内容の広さ・深さについても同様です。
 ですから、たとえ偏差値の高い公立高校に入学できても、中学校3年間でついた差を、高校の補習等で挽回するのはなかなか難しいことなのです。私立中学の多い県が、高い大学進学実績を上げているのは当然のことだといえます。近年、山口県でも、私立の中高一貫校が、めざましい進学実績を上げているのは、そのことを端的に示しています。

3+3ではない中高一貫校の6年間

 中高一貫教育のメリットは、中学校と高等学校の垣根を取り払って、6年間を見通した教育計画をたてられる点にあります。
 多くの私立中高一貫校では、この6年間の授業に学校独自の工夫を凝らし、大学入試までの計画を綿密に立てることによって、高い成果を収めています。そのような、いわゆる進学型中高一貫校は山口県には少なく、特に周南市とその周辺には存在していませんでした。
 晃英館は、上図のような授業計画により、旧帝大・国立医歯薬系をはじめとする難関大学の現役合格を目指す中高一貫校として、周南地区に誕生しました 。